作業に伴う騒音は、慢性的な障害となる難聴を引き起こす可能性があります。また、コミュニケーションの障害となる、警告が聴こえにくくなるなど、状況の把握を妨げることもあります。こうした要因は安全上のリスクとなり、怪我や死亡事故につながります。


そこでCrescendoは、産業用の特別な聴覚保護器具を開発しました。従来のイヤーマフ、使い捨てウレタンフォーム耳栓、チューブ型耳栓などを装着したときの、こもった音質に慣れている方は、その音質と快適な装着感に驚くことでしょう。


こちらから各モデルをご視聴いただけます。(Crescendo本国サイトに遷移します)

Industry 20
Industry 20は、工場、農場、道路工事、建設現場など85dBを超える作業環境から聴覚を保護するためのモデル。音圧を約20dB低減し、105dBまでの環境では8時間の連続使用まで安全を保証いたします。特殊なメッシュ・フィルターにより、通気性を確保し、従来の耳栓の音がこもって聞こえるという問題(オクルージョン効果)も最低限に抑えています。 フィルターを取り外して減衰効果を弱めたり、さらに大きな音量に対応するためにイヤーマフと併用したりなど、用途に応じて様々な聴覚保護にご使用いただけます。 工場、発電所、倉庫などでの作業に最適です。
Industry 20
Heavy Industry 25
Heavy Industry 25は、工場、農場、道路工事、建設現場など85dBを超える作業環境から聴覚を保護するためのモデル。音圧を約25dB低減し、110dBまでの環境では8時間の連続使用まで安全を保証いたします。特殊なメッシュ・フィルターにより、通気性を確保し、従来の耳栓の音がこもって聞こえるという問題(オクルージョン効果)も最低限に抑えています。 フィルターを取り外して減衰効果を弱めたり、さらに大きな音量に対応するためにイヤーマフと併用したりなど、用途に応じて様々な聴覚保護にご使用いただけます。 鉱山、採石、建設や、重機などの機械類を使用する作業に最適です。
Heavy Industry 20
DIY
電動、油圧、空圧工具の騒音から耳を守ります。
日曜大工や車のリペア等で、電動ドリル/グラインダー/電動サンダー等の工具を使用する際にあなたの耳を守る、洗浄/再利用可能な耳栓です。
DIY
Fly
特殊なフィルターを使用することで、会話や機内アナウンスはクリアに保ちながら、雑音や気になる音を抑えます。またこのフィルターは、機内と耳の気圧の変化を緩やかに調整し、離着陸時の鼓膜や耳の痛みを和らげます。電子機器ではありませんので、離陸から着陸まで全ての時間で使用できます。
Fly
Industry 20
Office
オフィスでの雑音を抑える事で、仕事の効率や快適さは格段に向上します。
他者の会話や電話の着信音を気にならないレベルへ抑える一方、注意を払った会話は聞き取れます。
Office
Impact
釘打ち機、ドロップハンマーなどの工具により発生する最大150dBにもおよぶ衝撃音。Crescendo Impact が、難聴を引き起こす恐れのあるこのようなノイズからあなたの耳を守ります。これらの工具が発する衝撃音を、特許取得のフィルターで安全なレベルまで低減できます。小さく目立たないので簡単にフィットし、イヤーマフを上から装着する2重の対策が必要な場所でも活躍します。Crescendo Impact のフィルターは通気性が良いため、長時間の使用でも耳の詰まった感じがありません。また、医療グレードのイヤーチップとの組み合わせにより、快適でありながらも周囲の大切な音の方向を拾うことができ、安全に作業を行うことができます。
Impact