Minimoog Model D (5月中旬発売)

特徴

仕様

1981年の生産完了以来初の、Moog Music公式生産Minimoog Model D。1台ずつハンドメイドで生産される伝説的シンセサイザーに、さらにサウンドの可能性を広げる新たな機能を搭載。

1981年の生産完了以来初の、Moog Music公式生産Minimoog Model D。Minimoog Model Dは、その後のキーボード・タイプのシンセサイザーの形を決定づけた世界初のポータブル・タイプのシンセサイザー。1970年代に登場し、Moogの巨大なモジュラー・シンセサイザー譲りのゴージャスなサウンドと、内部配線による扱いやすさを兼ね備え、世界中のミュージシャンからの人気の的に。以来40年以上にわたり、Trent Reznor、Gary Numan、Dr. Dre、Keith Emerson、Herbie Hancockなど世界的アーティストの手によりユニークなサウンドを放ち、Minimoog Model Dによる新たな音楽ジャンルを形成してきました。この価値ある1台が、経験豊富なシンセシストや次代のエレクトロニック・ミュージックを担うパイオニアたちへ向けて、ついに復活。

新たなMinimoog Model Dは、米ノースカロライナ州アッシュビルのMoogファクトリーでMoog Musicの社員兼株主が1台ずつ愛情を込めてハンドメイド。この3オシレーターのモノフォニック・アナログ・シンセサイザーを、地元産のアパラチアン・ハードウッドのエンクロージャー、そしてハンドフィニッシュのアルミ製シャシーに格納。回路基板は1970年代のオリジナルMinimoog Model Dと同一のパーツ配置によるスルーホール基板を踏襲。

オリジナルから何も手を加えていないサウンド・エンジン、オーディオ・シグナル・パスを踏襲しつつも、この伝説的な1台のサウンドをさらに拡張する機能を搭載。Fatar社製ベロシティ、アフター・プレッシャー(アフタータッチ)対応高品位鍵盤(トップ・パネルのCV端子でのパッチングでベロシティ/アフター・プレッシャーに対応)の採用のほか、三角波と矩形波を内蔵した専用LFO、ピッチ、ゲート、ベロシティ、アフター・プレッシャーのCV端子、ベーシックなMIDI機能、そしてオリジナルMinimoog Model D以上に分厚く、より深いオーバードライブ・サウンドが得られるミキサー部のオーバーロード機能の改良などの機能拡張を実施。

  • 3系統のビンテージMoogオシレーター
  • Moog伝統のレゾナンス付きローパス・ラダー・フィルター
  • オリジナルMinimoog Model Dの設計とパーツ配置を踏襲したアナログ回路基板
  • 音質や音色を決定づける重要なトランジスタを復刻させて使用
  • ミルスペック精度の抵抗器を採用
  • Precision Linear Systemでマッチング済みJFETをオシレーター回路に採用
  • クラシックな熱硬化式ギザ付きピッチ・ホイール、モジュレーション・ホイール
  • 拡張されたCV端子:アウトプット:ピッチ、アフタータッチ、ベロシティ、ゲート(アフタータッチ、ベロシティ・アウトは専用アッテネーター付き)
  • 拡張されたモジュレーション機能:三角波/矩形波LFO、フィルター・エンベロープ(モジュレーション・ソースとして使用可能)、外部モジュレーションCVインプット
  • オーバーロード改良:ミキサー部の外部オーディオ入力チャンネルのフィードバックを内部接続化(レベルは自動スケーリング)し、オーバードライブがより簡単に
  • ツアーなどでの信頼性向上のために回路基板のコネクターを改良
  • キーボード:Fatar TP-9(ベロシティ、アフタータッチ付き)
  • MIDI端子:IN、OUT、THRU

※注意:Minimoog Model Dは生産プロセスが複雑なため、また他のMoog製品の生産の都合上、Minimoog Model Dの月産台数はごく小規模なものになります。

サウンド・ソース

  • オシレーター×3
  • ノイズ・ジェネレーター
  • 外部オーディオ入力

オシレーター

  • 周波数レンジ:0.1Hz〜20kHz(6段階レンジ切替)
  • オシレーター安定性(短時間):0.25%以上
  • 波形: 三角波 三角波−鋸歯状波(オシレーター1、オシレーター2) 反転鋸歯状波(オシレーター3) 鋸歯状波 方形波(矩形波) パルス波(ワイド) パルス波(ナロー)

ノイズ・ジェネレーター

  • ホワイト
  • ピンク

LFO

  • 周期:0.05Hz〜200Hz
  • 波形:三角波(ノブ押下時)、矩形波(ノブ押上時)

外部オーディオ入力

  • 入力レベル:+10mV〜+2V
  • 入力インピーダンス:1MΩ

フィルター

  • タイプ:ボルテージ・コントロールド・ローパス(Moogラダー・フィルター)
  • カットオフ周波数レンジ:10Hz〜20kHz
  • フィルター・スロープ:24dB/Oct.
  • フィルター・レゾナンス:カットオフ・フリケンシーにて

コンター・ジェネレーター

  • アタック・タイム:1mS〜10S
  • ディケイ・タイム:4mS〜35S以上
  • サステイン・レベル:0〜100%(最大出力)
  • フィルター・コンター幅:0〜4オクターブ

ボルテージ・コントロールド・アンプリファイア(VCA)

  • ラウドネス・コンター・ダイナミック・レンジ:80dB

オーディオ入力レベル

  • 端子:6.35mm(標準フォーン・ジャック)インプット
  • 入力電圧:+10mV(最小)、+10V(最大)
  • 入力インピーダンス(定格):1000kΩ

オーディオ出力レベル

  • High Level Output
  • 出力電圧(定格):0.5V
  • 出力電圧(最大):4.2V(ピーク間)
  • 出力インピーダンス(定格):3kΩ
  • Low Level Output(High Levelより30dB低下)
  • 出力電圧(定格):15mV
  • 出力インピーダンス(定格):1kΩ

ヘッドフォン出力(ステレオ)

  • 出力電圧(最大):0.3V
  • 出力インピーダンス:8Ω

キーボード

  • キー・アクション:シンセサイザー(スプリング式)
  • 鍵盤数:44
  • キー・レンジ:F0〜C4
  • 発音優先順:選択式(低音優先、高音優先、後着優先)
  • 内部接続:
    オシレーター1(ピッチ)
    オシレーター2(ピッチ)
    フィルター・コンター(トリガー)
    ラウドネス・コンター(トリガー)
  • スイッチ式内部接続:
    オシレーター3(ピッチ)
    フィルター(キーボード・トラッキング1/3)
    フィルター(キーボード・トラッキング2/3)
    定格電圧:0.5V
    最大電圧:4.2V(ピーク間)
    出力インピーダンス(定格):3kΩ
    グライド・レイト(オクターブ):1mS〜10S
    ピッチ・ベンド・レンジ:±5半音(最小)

コントロール電圧(CV)出力

  • アフター・プレッシャー(アフタータッチ)端子:6.35mm標準フォーン・ジャック
  • 出力電圧:0〜+5V、トリム付き
  • ピッチ端子:6.35mm標準フォーン・ジャック
  • 出力電圧:-3V〜+7V、C=0V
  • ゲート端子:6.35mm標準フォーン・ジャック
  • 出力電圧:0〜+5V
  • ベロシティ端子:6.35mm標準フォーン・ジャック
  • 出力電圧:0〜+5Vまたは0〜+10V(選択式)、トリム付き

コントロール電圧(CV)入力

  • ラウドネス端子:6.35mm TRS
  • 入力電圧:0~+5V、+5V = ユニティ・ゲイン
  • Moog EP-3エクスプレッション・ペダルでコントロール可能(リング)
  • フィルター(カットオフ・フリケンシー)端子:6.35mm TRS
  • 1V/1オクターブ規格
  • Moog EP-3エクスプレッション・ペダルでコントロール可能(リング)
  • オシレーター(ピッチ)端子:6.35mm TRS
  • 1V/1オクターブ規格
  • Moog EP-3エクスプレッション・ペダルでコントロール可能(リング)
  • モジュレーション・ソース端子:6.35mm TRS
  • リング=ノイズ・センド、チップ=モジュレーション・レシーブ
  • (この端子に何も接続されていない場合は内部接続になります)
  • トリガー端子:6.35mm標準フォーン・ジャック
  • +5V入力でフィルター、ラウドネスのコンター・ジェネレーターをトリガー

MIDI端子(5ピンDINコネクター)

  • MIDI IN:ノート・オン(トリガー)、ノート・ナンバー
  • MIDI OUT:ノート・オン(トリガー)、ノート・ナンバー(ピッチCV)、ベロシティ、アフタータッチ
  • MIDI THRU:MIDI INからの信号をミラーリング

パワー・サプライ

  • セルフスイッチ式外部パワー・サプライ:100〜240V AC、50/60Hz
  • 消費電力:12W以下
  • コネクター:ロック式XLR4

外形寸法、重量

  • 727 (W) x 435 (D) x 146 (H) mm(パネル水平時)、14.5kg

温度

  • 保管温度:2ºC〜60ºC
  • 定格動作温度:10ºC〜35ºC
  • 動作可能温度:10ºC〜50ºC

※仕様は予告なく変更することがあります。