Model 10

特徴

仕様

モデル10は、1971年にロバートモーグ博士によって作成された最初のコンパクトなモジュラーシンセサイザーを忠実に再現したものです。


1964年のmoogシンセサイザーの発明は、その後の世界中の音楽を変えていきました。
この新しいマシンは、音の基本的な構成要素を分解し、ユーザーに出力のあらゆる側面を制御する能力を与えます。つまり、本質的に音をゼロから構築できるのです。 ミュージシャン、作曲家、アーティスト、および当時のアーリアダプター達は、この新しいデバイスを採用して、前代未聞のサウンドを作成し、新しい音楽スタイルを開発しました。自己表現の新しいフロンティアを探求するこの行為は、50年以上も進化し続ける電子実験の伝統となっています。


Model 10は、1971年にロバートモーグ博士によって作成された最初のコンパクトなモジュラーシンセサイザーを忠実に再現したものです。携帯性を考慮して設計されたモデル10は、堅牢なトーレックスに囲まれた木製キャビネットに収納され、調整された907フィルターバンクを備えています。広大なサウンドシェーピングと音色の可能性、3つの900シリーズオシレーター、Wendy CarlosのSwitched-On Bachと、富田功のSnowflakes Are Dancingの基礎となるサウンドです。
Model 15の前身であるこのModel 10の設計は、音の純度、速度、シンプルさに重点を置いており、ビンテージmoogモジュラーシンセサイザーにしか出せない次元の深く壮大なサウンドを提供します。


Model 10の各個体は、1971年当時のmoog工場仕様に合わせて手作りされる、完全なオリジナルの再現です。 個々のモジュールは、ほぼ50年前と同じように命を吹き込まれます。つまり、コンポーネントを回路基板に手で詰めて手はんだ付けし、従来の配線方法を使用します。 次に、各モジュールをテストし、アルミニウムパネルで仕上げ、手作業で配線されたモジュール式機器に配置します。


限定版となるmoog Model 10は、ご注文に応じて再生産されますが、ハンドメイドであるが故に限られた期間に限られた数量しか生産されない、非常に希少なモデルとなります。

Model 10に含まれるモジュール

  • 1x 901 Voltage Controlled Oscillator
  • 1x 901A Oscillator driver
  • 2x 901B Oscillators
  • 1x 902 Voltage Controlled Amplifier
  • 1x 903A Random Signal Generator
  • 1x 904A Voltage Controlled Low Pass Filter
  • 1x 907 Fixed Filter Bank
  • 2x 911 Envelope Generators
  • 1x CP11 Console Panel
  • 1x 130 Watt 120 VAC Power Supply (230 VAC available upon request)

同梱ケーブル

  • 1' 1/4" TS cables x10
  • 2' 1/4" TS cables x8
  • 1' S-Trigger cable x1
  • 1.5' S-Trigger cable x1

サイズ/重量

  • 45.72(横)x 63.5(高さ)x 24.13(奥行き)cm
  • 22.67 kg
※仕様は予告なく変更することがあります。