Sirin

特徴

仕様

Sirin Analog Messenger Of Joyは、限定生産のアナログ・シンセサイザー・モジュールで、伝説的なMoog Taurus Bassのサウンド・エンジンをベースに、カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されたMoog House of Electronicus 2019を記念して開発されたものです。


ヘアライン仕上げのステンレス製エンクロージャーにレトロテイストなカラーリングのSirinは、これから起こる楽しさや次元間のエネルギー転移が簡単にできることを予言しているかのようなルックスに仕上がりました。定番のリード・サウンドから大迫力のMoogベース・サウンドまで音作りができる魅力的なマジックを実現すべく、SirinではそのベースとなったTaurus Bassの伝説的な2基のアナログ・オシレーターの発音域を数オクターブ上へ拡大しました。Sirinは、MoogのTaurusベース・シンセサイザー・ファミリーでは初の中央Cから遥か上の高音域も発音できる楽器で、焼け付くような激しいリード・サウンドや、ソフトなリード・サウンド、果てはキラキラと鳴り響くようなリード・サウンドまで簡単に作り出せます。


Sirinのオシレーターからのサウンドは、伝統の4ポール(-24dB/Oct)Moogラダー・フィルターでその倍音構成を自在に変化させることができ、2基の超高速ADSRエンベロープと豊富な波形を内蔵したLFOで幅広い音作りに対応できます。


分かりやすさを重視した"1ノブ1機能"インターフェイスのほか、フリーウェアのエディター/ライブラリアンで、SirinはDAWやMIDIコントローラーに簡単に組み込むことができ、パワフルなアナログ・サウンドの世界をどこでも展開できるポータブル性も兼ね備えています。本体内に128個のプリセットをセーブでき、DAWによるパラメーターのオートメーションや様々な隠し機能を駆使すれば、さらに多彩なアナログ・サウンドをお楽しみいただけます。


Sirinはノースカロライナ州アッシュヴィルのMoogファクトリーにて2,500台の完全限定で生産されます。以後の増産はありません。


Moog House Of Electronicusについて
Moog House Of Electronicusは、1970年代にフロリダ州ティエラ・ヴェルデで開催された実験的なイベントMoog Island Of Electronicusにヒントを得て企画されたシンセサイザーのイベントです。当時は、Moog伝道師のDavid Van Koevering (1940-2018) のビジョンを打ち出したプレゼンテーション演奏以来、Island Of Electronicusは、シンセサイザーでラブ&ピースを祝う、つまり感覚や想いなどのクリエイティビティを秘めたマインド、ボディ、ソウルのエレクトロニクスの力で1つに統合するといったマニフェスト的なイベントとなりました。今日、Moog House Of Electronicusはその精神を引き継ぎ、自身の好奇心を信じている多くの参加者が集い、その内に秘めたものを表現し合い、そのクリエイティビティを共有しあうイベントとして発展しています。

  • ヘアライン仕上げのステンレス製ボディ
  • 発音域を拡張したMoog Taurusアナログ・オシレーター(ハードシンク可能)を2基搭載
  • Moog Taurusラダー・フィルター(20Hz〜20kHz)
  • 超高速ADSRエンベロープを2基搭載
  • 豊富な波形を内蔵したLFO(MIDIシンク可能)
  • タイプ選択が可能なグライド(ポルタメント)機能
  • 最大128個のプリセットをメモリー可能
  • パネル操作とMIDIコントロールによりアクセス可能な隠し機能
  • フリーウェアのエディター/ライブラリアン(スタンドアローン版とプラグイン版)
  • ノースカロライナ州アッシュヴィルのMoogファクトリーにてハンドクラフト
  • 仕様

    • サウンド・エンジン:アナログ
    • プリセット数:128
    • 同時発音数:モノフォニック(ポリチェイン対応)
    • 発音域:E0〜D8
    • サウンド・ソース:オシレーター(ノコギリ波、矩形波)×2
    • VCO2周波数:±12半音
    • ハードシンク:オン/オフ
    • グライド:タイプ選択可能(LCR、LCT、EXP)、レガート・オン/オフ
    • フィルター:ラダー・フィルター(20Hz〜20kHz)
    • モジュレーション・ソース:三角波、矩形波、ノコギリ波、ランプ波、サンプル&ホールド、フィルターEG
    • モジュレーション・デスティネーション:オシレーター・ピッチ、オシレーター2ピッチ、フィルター・カットオフ
    • LFOパネル機能:Rate、VCO LFO Amount、VCF LFO Amount
    • エンベロープ:ADSRエンベロープ×2、レガート・オン/オフ、EGリセット
    • 外部オーディオ入力:6.35mm TSジャック
    • オーディオ出力:6.35mm TSジャック
    • ヘッドフォン出力:3.5mm TRSジャック
    • MIDI I/O:5ピンDINイン、MIDI-USB
    • アサイナブルCV/GATE入力:フィルターCV(デスティネーション固定)、ピッチCV(デフォルト設定)、ボリュームCV(デフォルト設定)、ゲート(デフォルト設定)
    • CV→MIDI変換:可能
    • 外形寸法:218 (W) x 132 (D) x 79 (H) mm
    • 質量:1.27kg
    ※仕様は予告なく変更することがあります。

    MODULE PROVENANCE:

    • Moog Minimoogに基づく発振器
    • Moog CP3に基づくミキサー
    • Moog 904に基づくフィルター
    • Moog 911に基づくエンベロープジェネレーター
    • Moog 902に基づくVCA
    • Moog 905に基づくスプリングリバーブ
    • その他の仕様:

      • 電源:12V、2A、100VAC-240VAC(ユニバーサル電源)、50/60Hz
      • 外形寸法:約585 (W) x 362 (D) x 140 (H) mm
      • 重量:約8.17kg
    ※仕様は予告なく変更することがあります。